頭痛は専門医に任せて改善【原因をつきとめて劇的改善】

医者と看護師

最近の診療科

先生

適切な治療が期待出来ます

習慣的に起こる体の不調の一つに、頭痛が挙げられます。頭痛は、実の所原因の把握や治療が難しい症状です。痛みが激しい場合や視力に異常がある時、体にしびれや麻痺がある時などは、主に脳神経外科が適した診療科と言えます。このような比較的原因が特定しやすい頭痛がある一方で、アプローチの仕方さえ掴めない原因不明のケースがあるのが、頭痛の厄介な点です。このような場合に頼れる存在となっているのが、最近増えている頭痛外来です。この手の診療科には頭痛の専門医が常駐していることがほとんどで、あらゆる観点から原因を究明します。偏頭痛や緊張型頭痛の場合には、背景にストレスやホルモンバランスの乱れなどがあることが多く、必要に応じて心療内科などへの紹介も行っているのがこういった頭痛外来です。また、最近では心療内科医が頭痛外来を開設している場合もあります。慢性的な頭痛は、実の所鎮痛剤だけでは根本的な解決に至らないことが多いです。そのため、専門医は背景にあるストレスやホルモンにスポットを当てて治療法を考える傾向があります。心療内科の場合にはこのような分野の治療を得意としており、頭痛の場合にも適切な治療が出来る可能性が高いです。セカンドオピニオンを求めて心療内科を訪れる方も増えており、現在ではあらゆる方向からアプローチを考える傾向があります。専門医同士がタイアップすることが増えているのも最近の状況です。今後はこのような傾向がさらに強くなり、適切な頭痛の治療が行なわれていくと予想されます。

専門診療科の利点

薬治療を試みる場合、専門医は通常服薬についてアドバイスを行います。現在治療で使われている薬は、概して服薬のタイミングが重要となるタイプです。特に偏頭痛の場合には、発作の起こる前の段階で予兆に気付いて服薬することが求められます。痛みが強くなってしまうと、中々薬の効果が得られなくなってしまうことが問題です。ですので、処方薬を利用する場合は医師の指示に従って薬を飲むことが求められます。専門医を訪ねることは、こういった専門的なアドバイスが得られるというメリットがあります。一般の医師に比べて症状や経過にも精通していると考えられますので、より薬の効果が出やすい方法を教えてもらえるのが利点です。発症のメカニズムに関しても詳しい説明が聞けることが多く、一人で不安を抱えていることがなくなります。発作が一つの恐怖になっている方の場合には、薬をお守り代わりに携帯することで精神的な安定が得られる点も見逃せないポイントです。薬での治療を進めると同時に、心理的要因も解消していくことで再発を少なからず抑えることが出来ます。この場合は心療内科などを訪れるのが妥当です。どのような時に発作が起こるかや抱えているストレスなどを医師に伝えることで、解決の糸口を見つられる可能性が出てきます。緊張型頭痛の場合には、緊張状態を引き起こしている誘因を心療内科医などの協力を得て把握することも大切なステップです。こういった体の凝りには自律神経が関係していることがほとんどであり、自分に合ったリラックス法を見つけることが必要となります。