頭痛は専門医に任せて改善【原因をつきとめて劇的改善】

医者と看護師

慢性的な症状を解決へ

病院

市販薬に頼らないために

慢性的な頭痛で悩まされている人は結構多くいるようです。しかし健康診断などで異常が見られなかった場合は、病院で治療を受けるのではなく市販の鎮痛剤で痛みを抑えながら日常生活を送っているという人も少なくありません。ところが慢性的な頭痛の場合は根本的な原因を治さない限り、鎮痛剤を飲み続けて我慢するしかありません。また市販の鎮痛剤を長期連用することにより、思わぬ副作用が出る可能性もあります。そこで最近では頭痛の専門医による検査と治療を受けることができる、頭痛外来という専門の窓口が医療機関に設けられるようになりました。頭痛外来は市販の鎮痛剤に頼っている人や、痛くても我慢している人のために設けられた外来で、さまざまな症状やその人の体質に応じた検査や診察、薬の処方などを行っていきます。その分野は多岐にわたり、脳神経外科や心療内科を始め、内科や神経内科・ペインクリニックなどに携わる各専門医が幅広い見地からの診療を行っていきます。そして根本的な原因を突き止めることで、患者に最も適した方法で治療を行っていきます。このような専門外来を設けることで、今まで病院で診療を受けるほどではないと受診をためらっていた人や治療をあきらめていた人に対して、適切かつ効率的で安全な治療を行えるというメリットがあります。また自分ではただの頭痛だと思い込んでいた人の場合でも、専門医に診てもらい隠れた病気を見つけ出してもらえることで早期発見、早期治療につながり、病状が重症化することを防ぐこともできます。

症状を記すダイアリーとは

ところで専門外来で頭痛の専門医に診てもらう場合でも、医師にどのように症状を伝えたらよいか迷ってしまうこともあります。例えばいつから症状が出始めたか、あるいはどのような時に痛みがひどくなるかなど、はっきり覚えているといった人はそういないと思います。そこでより自分の症状を専門医に伝えやすくできるよう、現在ではスマートフォンやパソコンなどで自身の頭痛を管理するアプリが登場しています。アプリは午前・午後・夜に痛みの度合いを示す基準を記述するものとなっており、各痛みの症状によって特定のマークや服用した鎮痛剤のマークなどを記入するだけで、誰でも簡単に専門医に症状が伝えられるように作成してあります。またメモにはどのような時に痛みが現われたか、あるいはひどくなったかについても記入できるようになっています。ボーダーやマークで記入することにより、先生にもわかりやすく症状を記す手間も省けるということで、各医療機関や患者の間でも頭痛管理のアプリは人気があります。一般的なスマホOSごとのアプリストアなどから入手できるようになっていますので無料で手に入れることができます。専門外来では患者が自分でつけた記録を参考にすることで、患者への適切な内服薬の処方や治療法などを行うことができます。また患者自身もこのアプリにデータを記入することで、客観的に自分の症状をとらえることができ、発症しやすいタイミングもつかみやすくなり、日常生活でもできるだけ頭痛が起きにくいように心がけることができるようになります。