頭痛は専門医に任せて改善【原因をつきとめて劇的改善】

医者と看護師

最近の診療科

先生

最近では頭痛専門医の登場で、様々な方向から頭痛の原因が究明されるようになっています。心療内科などの協力も得て、今後はより適切な治療が行なわれていくでしょう。専門の診療科では、症状の改善に役立つ様々なアドバイスが得られます。

Read More...

専門家がいる病院へ行く

先生

何科に行けばよいのか

頭痛の専門医は基本的には脳神経外科や神経外科にいます。ですが、都心などには頭痛を専門とする頭痛外来というものもあり、こちらにいる専門医は特に頭痛に特化している専門医なので質の高い治療を受けることが出来ます。頭痛には様々な原因があり、それにはストレスや腫瘍などといったものが挙げられます。そのため、頭痛の専門医以外の専門医にかかる必要性も場合によってはあります。また、頭痛にも様々な種類があるので、痛む場所によって原因が異なります。例としては頭の右もしくは左、両方に重い痛みがあるのではなく、ズキズキ痛むような感じがする場合は偏頭痛、段々と痛みがひどくなっていくような頭痛に関してはくも膜下出血などといった脳の病気であることも少なくはありません。そのため、命に関わる病気である兆候である頭痛を偏頭痛などと勘違いしてしまい、見逃してしまう人も少ないのが事実です。このようにちょっとした病気かと思いきや、頭痛はとても重大な身体の異常を示していることもあります。自分でこれを判断することは素人である場合は極めて難しいので、勝手に判断をせず、専門医に相談をして判断してもらうようにしましょう。また、このような症状に加えて、ものがぶれて見えるようになったり、身体にしびれを伴うような状態である場合の大半は要注意であるので、そのことも一緒に専門医に相談してその病気の専門医を紹介してもらう、もしくは脳神経外科の専門医にこのような症状があることを伝え、検査をしてもらいましょう。

現代人に多いのは

頭痛の中でも現代人にとても多いのが偏頭痛です。これは、生活リズムや食生活の乱れ、ストレスなどといったものが原因とされており、日常生活を送っていくうえでこの原因を避けることはとても難しいです。偏頭痛が起こる前の前兆としては、急に視界が狭くなったり見にくくなる、視界がチカチカするというものが挙げられます。この前兆が数分から数十分続いた後に症状が起こります。この症状が出るタイミングに関してはいつでも起こりうることであり、避けることはとても難しいです。また、症状が出てから痛みが治まるまで数分から数十分程度で症状が治まる人もいますが、それに対して数時間痛みが続く人もいます。このように症状は人それぞれであり、治療も人によって異なります。治療に関しては、原因を特定することが出来るものに関しては、その原因を避けることで発症を抑えます。これに関してはアレルギーやチラミン・グルタミン酸ナトリウム・硝酸塩などといった原因になりやすい食べ物を避けると言ったものが挙げられます。ですが、それ以外にもストレスや極度の緊張、乱れた食生活や睡眠時間が原因となってしまうこともあり、これに関しては根本的な原因を解決するしかありません。これらを避ける以外の治療法として挙げられるのは、薬物療法です。鎮痛剤を服用することで痛みを抑えるのですが、これに関しては、薬物療法で完全に症状を抑えることは難しく、発祥する回数を減らす、痛みを軽減するなどといった目的で使用されることが多いです。

慢性的な症状を解決へ

病院

慢性的な頭痛で悩む人の場合は病院に診察を受ける人が少なく、市販の鎮痛剤で痛みを我慢する傾向にあります。ところが原因には病気によるものもあります。そこで頭痛の専門外来で、専門医に診てもらうことで市販薬に頼らないようにすることが大切です。また症状を記すのには頭痛専用のアプリがわかりやすくて人気です。

Read More...

正しい対策を取るには

悩み

頭痛には吐き気や耳鳴りなどの辛い症状を伴うものもあります。外出先で発症した経験があると、そのまま外出自体が不安でできなくなってしまうという方もいます。専門医で診察を受け正しい対処法を知ることで頭痛による悩みを解消しましょう。

Read More...